返済中に退職したらカードローン会社に連絡するべきか

現在、低金利カードローンを利用していて返済中だという人もたくさんいると思います。

低金利カードローンで借りたお金をしっかりと返済していくために一生懸命働いているという人も多いと思いますが、やむを得ない事情で退職することになってしまったという人もひょっとしたら出てくるかもしれません。

そういった場合は低金利カードローンの会社に連絡するべきだということを知っておくとよいでしょう。

低金利カードローンの申し込みの際には個人情報を始め、いろいろな情報を記入することになりますし、勤務先も必ず記入することになります。

カードローンの契約には申し込み時に記載した内容に変更があった場合は届出をしなければならないという規約があるので、この規約に従えば退職した場合も届出をしなければならないということになります。

しかし、退職したことなんて自分から言わなければバレないのではと思う人も多いと思います。

もし退職したとしても問題なく返済していけるのであれば、バレてしまうことはないと思いますが、返済が難しくなって借入額が増えて50万円を超える場合などに収入証明書の提出を求められることがあるので、その際に退職していることがバレてしまいます。

もし、連絡をしていないことがバレてしまって規約違反だということで残りの返済額を一括請求されてしまう可能性もあるので、退職に限らず、何か変更があった場合は連絡を入れて正直に話すべきだと思います。

自営業の方や個人事業主の方は、通常のカードローンは利用することが出来ないので、この場合は事業者専用のカードローンを利用するようになります。

事業者ローン

こちらの事業者ローンであれば、事業資金を借りる場合にも活用することが可能となっていますよ。

在籍確認の内容を知る

低金利カードローンを利用することを検討している人のなかには、周囲には低金利カードローンを利用することを知られたくないという人も多いと思います。

そういった人達であれば、カードローン会社から電話連絡が職場や自宅の電話にかかってくることがあるのかという心配があると思います。

まず、自宅への連絡ですが申し込み時に連絡先を自分の携帯電話にしておけば、仮に電話がかかってきたとしても自分がとることができるので問題ないと思います。

次に職場への電話ですが、申し込み時に在籍確認の電話が職場にかかってくることになります。

在籍確認というのは、業者が審査を行なう際に申し込み時に記載した勤務先に本当に籍があるのかを確認するための電話を行なうものです。(申し込みの際に勤務先を虚偽の申告をしてしまうとこの在籍確認で虚偽がバレてしまい審査に通らなくなってしまうので、虚偽の申告はしないように気をつけましょう)

この在籍確認が職場にかかってきたら、自分が低金利カードローンを利用しようとしていることが職場の人に知られてしまう可能性があるのではないかと心配する人もいると思います。

しかし、職場に電話がかかってきて他の人が電話に出た場合でも、個人名で電話してきてくれるので、周囲にカードローン会社からの電話だということは知られることはありません。

また、その日に申込者がいなくても他の人が出て申込者が在籍しているのが確認がとれれば在籍確認は完了します。